住宅ローンは仕事の将来性、カードローンは現在の年収が審査されます。

MENU

住宅ローンとカードローンの審査の違い

 

住宅ローンやカードローンでは、必要書類を基に様々な審査が行われます。
審査に通過すれば問題ありませんが、落ちてしまった場合は納得できずに不満が募るでしょう。
そもそも、ローン審査の際にはどのような要素がチェックされているのでしょうか?
大金を借りる住宅ローンと気軽なカードローンの審査の違いに着目してみたいと思います。

 

 

住宅ローンの審査内容とは

 

スターワン住宅ローンの審査内容は、厳密には公開されていません。
必要な書類としては、源泉徴収票や確定申告書などが求められることを考えると一般的な審査と相違ないでしょう。

 

通常の住宅ローン審査では、今の仕事の将来性が重点的に審査されます。
現在は平社員であっても、5年、10年後には役職についていると想定されるでしょう。
その際に給料が上がり、ボーナスをもらえていたらどうなるかを試算します。
計算した結果、住宅ローンを完済する見込みがあれば審査通過となります。

 

良くある芸能人などは将来も安定して稼いでいるか不透明なので、こうした住宅ローンの審査に通りにくいと言われています。
通常の会社員であれば問題無く審査に通過するはずです。

 

本格的な相談の前に、簡単な質問をしたいなら仮申し込みを行うのも良いでしょう。
自営業で年収が不安定なケースや特殊な事情を抱えているケースもあります。
そうした事情を説明して、住宅ローンの審査が通る可能性があるのかを判断したい人におすすめです。

 

必要書類を集めた後で審査に落ちるとショックも大きいため、事前確認は非常に大切です。

 

 

カードローンの審査基準について

 

クレジットカードの束

 

住宅ローンと違って、カードローンは非常に臨機応変な審査を行ってくれます。
一番良いのは安定した年収があることですが、無職であってもカードローンの審査は通過するのです。

 

まずは現在の年収を基に利用限度額が審査されることになります。
安定した年収があれば高額のローンが利用出来ますし、無職であったとしても10万まで利用が可能です。
つまり年収に応じて利用出来る金額が変わると思って良いでしょう。
カードローンの審査基準は年収なのです。

 

ただし、過去に返済を怠って居たり、債務整理などを行って居たりするケースでは審査が通らない恐れもあります。
金融情報に傷が付いているとローン審査を通過するのは難しくなります。
いろいろと事情があっても、とりあえず個人でダメだと判断する前に相談を行いましょう。