不動産会社が提案するローンの金利が高いのは審査に通過しやすいからです。

MENU

住宅ローンは選べる?不動産会社と銀行の関係性

 

不動産会社イメージ

 

住宅ローンを考えているならば、購入したい物件の候補があるのでしょう。
そのほとんどの場合、不動産会社の仲介によって物件を見ているはずです。

 

ここまでは特に何の問題もありませんが、時には不動産会社から住宅ローンの銀行を提案される場合があるのです。
住宅ローンは不動産会社が指定する銀行で組まなければいけないのでしょうか?
自由に選んで良いものなのか、不動産会社と銀行の関係性について触れてみたいと思います。

 

 

不動産会社の提案するローンは金利が高い

 

すべての不動産会社が該当する訳ではありませんが、基本的には金利の高い住宅ローンをおすすめされるでしょう。
これは不動産会社にお金が入るからという理由ではありません。
金利が高い住宅ローンは審査に通過しやすい特徴があるからおすすめされるのです。

 

不動産会社にとっては、物件購入をしてもらいたいと思っているのに住宅ローンの審査で落ちられるのはリスクです。
そこで審査が通りやすい金利の高い住宅ローンが紹介されてしまうのです。

 

中には本当にお得な銀行を紹介してくれる場合もあるでしょうが、基本的には自分で探すのが確実です。

 

 

不動産会社と銀行の繋がりは強くない

 

まったくの無関係ではないので多少の繋がりはあるでしょう。
しかし、通常は深い関係に無いと言って良いです。
そのため、不動産会社から銀行や住宅ローンを紹介されても検討すると答えるぐらいで問題ありません。

 

さらに言ってしまうと、不動産会社が紹介するのは大手の銀行ばかりです。
住宅ローンを低金利で組めるネット銀行などはまったく紹介してくれないのが実情でしょう。
ソニー銀行や楽天銀行など、ネット銀行の方が低金利なので内容を見てみてください。

 

もう1つ補足すると、不動産会社は物件を売るのが仕事です。
銀行の住宅ローンについても知っていますが、それを専門にはしていないのです。

 

 

住宅ローンは自由に選べる

 

結論として、住宅ローンは自由に選んで問題ありません。
不動産会社が特定の銀行のローンをしつこく強要してくる場合は、何かしらの裏があると思って良いです。
人生で最も大きな買い物となる住宅ローンを、他人の言う通りに決めてしまってはいけません。
すべてを無視する必要は無いので、提案された情報は自分で精査するようにしてください。

 

本当に良い住宅ローンが何なのか、それを常に自分で調べていれば後悔することも無いでしょう。

 

住宅ローンの金利の違い