リバースモーゲージ充実人生は自己所有の自宅を担保にする55歳以上限定の不動産担保ローンです。

MENU

リバースモーゲージ充実人生

 

リバースモーゲージ公式サイト画像

 

リバースモーゲージ充実人生とは、持ち家を担保にする55歳以上限定の不動産担保ローンです。
従来の不動産担保ローンとは大きく異なり、月々の支払いは利息だけで、貯金と連動して残債を減らしていく仕組みになっています。

 

主に、死亡した場合に生命保険で返済できる方や、子供がいないなど相続で現在の持ち家を後世に残す必要がない場合に有効です。
定年退職した後は、再雇用やパートの収入や年金収入がありますが、現役時代よりも収入が落ちるものです。
リバースモーゲージ充実人生を利用すれば、月々の出費を最低限に抑えて、突然の出費が発生したときに資金調達できます。

 

さらに、不動産評価額に応じて限度額設定がされる仕組みで、限度額の範囲内であれば、何度でも借入をすることができます。
年金などの収入で毎月少しずつでも口座残高が増えれば利息を抑えられるなど、一般的な不動産担保ローンに比べて幅広いメリットがあります。

 

リバースモーゲージ充実人生の概要

ローンの種類 不動産担保ローン
利用可能年齢 55歳以上、配偶者がいる場合は配偶者の年齢が50歳以上
対象要件 自己所有または配偶者名義の持ち家(マンション含む)を持っていて、単身または夫婦、または老人ホームでの生活をしている
所得制限 年収120万円以上(年金収入含む)
使途 リフォーム、医療費など生活に関するもの。事業資金・投資資金は不可
限度額 500万円~1億円(不動産担保評価によって決定)
初回融資額 100万円以上(1万円単位)
金利 住宅ローン基準金利+調整幅(0.6%)、概算3?4%程度の変動金利
諸費用 初回事務手数料10万円、2年目以降の担保管理費用1万2,000円 (税抜)

 

注意点
  • 子供など夫婦以外と別居している場合は利用できない
  • 住宅ローン残債に応じて利用できない
  • 初期費用がかかるので単発の少額利用には向かない
  • 無収入は利用できない
  • 毎年、限度額の見直しが行われる
  • 目的タイプとカードローンタイプがある
  • 元本は契約者が死亡してから6ヶ月以内の一括返済
  • 主契約者の配偶者が残っている場合は、ローン契約を引き継ぎできる

 

 

元本を返済する気を持たない選択肢

 

老後の資金繰りの選択肢

 

リバースモーゲージ充実人生の最大の特徴は、月々の返済に元本が含まれず、貯金残高と借入残高の差額分の利息だけ払えばいいことです。
将来的に借金の完済を目指すのではなく、限度額の範囲内で必要に応じて資金調達を随時利用して、最終的には死亡後の担保差し押さえで清算する方法を選択することで、商品のメリットを最大限活かせます。

 

利息さえ払えば、自分の家にそのまま長く住み続けられます。

 

子供がいなくて、縁の遠い親戚に相続されたり、国庫に入れる資産として扱われたりしてしまうのなら、生きているうちに自分の人生で持ち家の資産を活用するべきです。

 

子供がいる場合でも、すでに子供たちはマイホームを持っているなど、相続で資産を残す必要がないと考えている方にもおすすめです。

 

担保評価額が高ければ、年齢に関係なく資金調達できるので、子供たちに資産を残したいけど、直近でお金が必要な場合にも検討してみてください。

 

ローンを活用した人生設計