銀行系ローン商品ならではの低金利、都市銀行に比べて柔軟な対応が評価されている金融商品です。

MENU

スターワン目的ローン・スターワンおまとめローン

東京スター銀行では住宅ローンやカードローンの他にも多数のローン商品を扱っています。
その中でも主力商品でもあり、個人からの利用比率が高いスターワン目的ローンと、スターワンおまとめローンについて紹介します。
どちらも銀行系ローン商品ならではの低金利と、都市銀行に比べて柔軟な対応をしていることで高評価を獲得している金融商品です。

 

スターワン目的ローンの概要

スターワン目的ローン公式サイト画像

金利 2.8~7.8%/年
融資可能額 10~500万円(1万円単位)
融資期間 1~7年(1年単位※)
利用年齢 満20歳以上満65歳未満の方で完済時年齢が70歳未満
申込者条件 給与所得者(正社員・契約社員、派遣社員の方)として勤続1年以上、または事業所得者として営業年数1年以上で安定的な所得のある方
利用可能年収 150万円以上
契約方法 ネット完結、東京スター銀行の普通口座開設必須(審査までは口座なしでも可能)
ローンの種類 教育ローン、医療・介護ローン、不動産諸費用(リフォーム)ローン、一般目的(車・家具など)のローン

※教育・じぶん学びローンのみ元本据置期間を設定いただくことで最長11年

 

スペックは一般的

 

銀行が扱う目的ローンは、どこの銀行も2.5~8.0%の金利が相場です。
スターワン目的ローン最大の特徴は、来店不要で簡単審査を受けられる点です。
また、目的別ローンでは珍しく、ネットバンクから随時繰上返済を手数料無料で利用できます。
ローンを組んだ後に少しでも早く返して利息負担を軽減させたい方に向いています。

 

利用方法
申込・仮審査

ネット申込のほか、電話と店頭でも受付を行っています。

 

本審査

必要書類を用意してポストに投函します。
メールやWeb上でフォーマットを取得できるので、家族に内緒で利用刷ることも可能です。

 

電話確認

本審査の書類が到着したら、本人へ申込確認の電話が来ます。
勤務先への在籍確認も行われるので注意しましょう。

 

手続き完了

指定口座に振込

 

返済

毎月4日に東京スター銀行の口座から返済

 

必要書類は目的ローンの種類によって異なりますが、比較的簡単に用意できます。
銀行系目的別ローンの中では利便性が高くて、手続きが簡単だと評判です。

 

審査が厳しくなった噂

 

以前は柔軟な審査を強みにしていましたが、2017年以降は審査が以前よりも厳しくなったことを指摘する口コミが増えています。
これは東京スター銀行のスターワン目的ローンに限らず、銀行系ローン全般に言えることです。
銀行系カードローンの積極すぎる貸付が問題視され、規制強化の議論が起こり各銀行が自主規制を行った影響です。

 

カードローンで問題になったのは高額な限度額設定を柔軟な審査で対応したことです。
スターワン目的ローンは最大500万円まで利用できますが、少額の希望額や他社からの借入状況が少い場合は柔軟な対応を期待できます。

 

東京スター銀行のカードローンの金利は最大14.6%なので、すでにカードローンを持っていて、スターローン目的ローンの上限金利7.8%より高い条件の場合は、カードローンを解約してから申込すると有利になるかもしれません。

 

 

スターワンおまとめ(借り換え)ローンの概要

スターワンおまとめローン公式サイト画像

金利 12.5%/年
融資可能額 30~1,000万円(1万円単位)
融資期間 10年
利用年齢 満20歳以上満65歳未満
申込者条件 給与所得者(正社員・契約社員、派遣社員の方)
利用可能年収 200万円以上
契約方法 ネット申込限定

 

スターワン目的ローンとは審査内容が大きく変わる

 

申込基準でも複数の違いがあるほか、スターワン目的ローンは保証会社がセディナ、おまとめローンは東京スター・ビジネス・ファイナンスです。
また、他社では金利の幅があるのに対して、東京スター銀行のおまとめローンは一律12.5%の低金利が魅力です。
上限金利が低い分だけ審査が厳しいですが、ネット申込の最短3営業日審査を簡単に受けられるので、気になった方はまずは一度申込をしてみる価値があります。