現在や将来の生活を豊かにするために、ローンを活用した人生設計をプランニングしましょう 。

MENU

ローンを活用した人生設計

ローンは借金の一種になり、なるべくローンを組まないようにする人が多いです。
しかし、ローン組むことで人生が豊かにしたり、早いタイミングでマイホームを購入することによって資産形成をしたりすることが可能です。
ローンを活用した人生設計で、現在や将来の生活を豊かにしましょう。

 

マイホーム購入は早い方が有利

ローンで購入するマイホーム

 

ローン購入する比率がもっとも高いのはマイホームです。
歴史的な超低金利時代が続いていて、住宅ローン控除も用意されているので、以前に比べて低コストで住宅ローンを利用できるようになりました。
若いファミリー世代の大半は最長期間の35年ローンを利用しています。
完済年齢が70歳を超えるケースも珍しくなく、早いタイミングでローンを組めば、完済時の年齢を低く設定して、繰り上げ返済の必要性を低下させることができます。

 

住宅ローンを組んでマイホームを購入する成功事例
  • 賃貸よりもお得
  • 同等の間取りや立地の住宅は賃貸よりも35年ローンを組んだ方が月々の支払いを安くできます。
    現在払っている賃料の予算があれば、今まで以上に広い家や立地の良い家にアップグレードできます。
    ただし、持ち家になると修繕費用がかかるので、将来的なリフォーム費用も考慮して人生設計を立てましょう。

     

  • 10年住んでから売却すれば、大半のケースで回収できる
  • 住宅ローンは35年など長期分割が主流ですが、不動産価値は下がりにくいため、10年ほど住んで売却すれば、残債を売却価格で清算できる可能性があります。
    マイホーム購入の定番のタイミングは結婚や出産など、家族ができて落ち着いたタイミングです。
    しかし、独身のうちからでも1LDK以上のマンションを買っておけば、将来結婚・出産を経て子供が小学校低学年くらいまでは、1LDK程度のマンションでも生活できます。
    子供部屋が必要な年齢になってから売却して住み替えれば、賃貸に住んでいたよりもお得な計算になります。

 

人生で一番お金がかかるのは育児期間

育児中の母

 

子供ができると、学費、食費、医療費、衣服などあらゆる項目でお金がかかります。
それに対して収入は昇級や昇格がある会社員の正社員雇用を続けた場合、年功序列で60歳にかけて収入が増えていきます。

 

子供が多ければ、オートローンを組んでミニバンを買うことで生活が豊かになりますし、教育ローンを組んで進学させることで子供の人生が大きく変わるかもしれません。
子育てにかかる費用は、ローンを組んででも捻出することで、子供の将来や家族の関係が良い方向に変化するケースがあります。

 

一時しのぎをする重要性

人生は「山あり谷あり」で良い時もあれば、悪い時もあります。
ギャンブルや浪費などを理由にしたカードローンの活用はおすすめできませんが、何らかの理由で生活苦になった時は、直近の生活費や必要な物の購入でカードローンなどのフリーキャッシングが有効になる場面があります。
お金がないから・・・といった理由で妥協したり、仕事の環境を変えたり、周囲の評価を下げるような行動を取るのであれば、厳しい時期はローンで繋いで、再び人生が良い方向や安定する状況に転じるのを待ちましょう。

 

スターワン目的ローンとは